HOME > 業務内容 > 公園施設 点検・修繕

公園施設 点検・修繕

 

点検・修繕の目的

点検は(社)日本公園施設業協会で認定された公園施設製品安全管理士と園施設製品整備技士が遊具の劣化や不適合による危険を早期に発見し、遊具による事故を予防するとともに、適切な維持管理業務につなげることを目的とする。

公園施設製品安全管理士
公園施設製品安全管理士  1名在籍
公園施設製品整備技士
公園施設製品整備技士  2名在籍

(社)日本公園施設業協会(JPFA)賠償責任保険加入

『SPマークは安心、安全な遊具の目印です』

SPマーク SPLマーク

 

修繕(劣化部材交換の場合)の例



作業前 →

基礎掘削H=300m/m
基礎掘削H=300m/m →
柱取付後、コンクリート充填状況
柱取付後、コンクリート充填状況 →

ボルトナット取付状況
ボルトナット取付状況 →
作業完了
作業完了


修繕例



見晴台デッキ
基礎掘削H=300m/m 柱取付後、コンクリート充填状況
加圧防腐注入木材

ボルトナット取付状況
木橋
作業完了 柱取付後、コンクリート充填状況
ハードウッド材

ボルトナット取付状況
木製看板
作業完了 柱取付後、コンクリート充填状況
加圧防腐注入材

基準点検


基準点検 基準点検 基準点検

劣化点検


劣化点検 劣化点検 劣化点検